SWOT分析とクロスSWOT分析

 戦略を考える上で、最も基本的で有名な分析ツールに「SWOT分析」があります。おそらくは多くの方が、名称くらいは聞いたことのあるのではないでしょうか。

SWOT分析とは
・Strength(強み)
・Weakness(弱み)
・Opportunity(機会)
・Threat (脅威)
の4つの視点の頭文字をとって、SWOT(スウォット)と呼ばれており、戦略策定の際などに利用する現状評価・分析ツールです。

図にしてみるとも分かりやすいかもしれません。


 SWOT分析では、企業や事業にまつわる要素を「内部環境」と「外部環境」に分け、それぞれを「好影響(プラス面)」と「悪影響(マイナス面)」とに分けて、評価や分析を行っていきます。

 具体的には、「S」には内部環境におけるプラス面である「強み」を、「W」には内部環境におけるマイナス面である「弱み」を、「O」には外部環境におけるプラス面である「機会」を、「T」には外部環境におけるマイナス面である「脅威」を記入していきます。


 しかし、ここでひとつ、素朴な疑問が浮かびます。企業にとっての「強み」や「弱み」、「機会」や「脅威」とはいったい何でしょうか?

 人間の性格の長所と短所を明言するのが難しいのと同じように、これは意外と難しい質問なのです。例えば「あなたの長所はなんですか?」と聞かれて、明確に説明できる人がいるでしょうか?

 例えば、ひとつのことに集中できる性格は、追求する力があると捉えれば長所ですし、頑固で柔軟性に欠けると捉えれば短所にもなり得ます。これと同じように、企業の強みや弱みは、一見明確なようで、実際は非常に複雑でもあるのです。

 つまり、強みと弱み、機会と脅威は、常に背中合わせの関係となります。そのため、強いあるいは弱いという場合には、必ず “比較対象” が必要で、“どの業界において” や、“この競合と比べて” という前提が無いと、作れないのが基本です。

 そうなると、実は、SWOT分析の結果は、対象をどう設定するかによって大きく変わってくるのです。そのためにも、ひとつのパターンに固執しすぎないことも重要です。さまざまな可能性を想定しながら、競合や顧客に応じて、複数パターンを検討していくことも有効です。


 さらにクロスSWOT分析は、上記のSWOT分析に基づいて、4つをかけ合わせて、戦略を導き出すための手法です。
 かけ合わせた内容は以下のようになります。

①「機会」×「強み」=「強み」を活かして「機会」を取り込む…強化戦略
②「機会」×「弱み」=「弱み」を克服して「機会」を捉える…補完戦略
③「脅威」×「強み」=「強み」を活かして「脅威」を「機会」に…逆転戦略
④「脅威」×「弱み」=「弱み」を解消して「脅威」の影響を最少化…回避戦略

 これらによって、どの特徴をどう活用して、あるいは、克服して、次へとつなげていくのかを検討していきます。


 大切なことは、SWOT分析やクロスSWOT分析に正解はない、ということです。

 同じ要素であっても、それをどう捉えるのか、あるいは、同じSWOT分析からどのようにクロスSWOT分析や戦略へとつなげていくかは、取り組む観点や、分析を行う人間によって、変わってきます。

 ですので、いったん結果を出したとしても、ひとつの結論に固執しすぎず、さまざまな可能性を検討していく柔軟性をもって、取り組んでいきましょう。