知的資産経営シンポジウム2012

●2013年2月18日、アドバイザーの荒巻陽子と大槻美菜が、知的資産経営WEEK2012シンポジウムin東京 で登壇いたしました。

2013年2月18日(月)、渋谷区文化総合センター大和田「伝承ホール」にて「知的資産経営WEEK 2012シンポジウム in 東京」が開催されました。

当日は、2012年に東京都行政書士会で発足した「知的資産経営研究会」から、3名の行政書士が支援事例発表を行いました。

SHINISEコンサルターレのアドバイザーである、荒巻陽子と大槻美菜も、同研究会において約一年間、研究を行い、事例発表者として、支援先企業の事例発表と、パネリストとしての登壇をいたしました。

 

イベント前半の、基調講演では、龍谷大学政策学部 中森孝文教授から、「中小企業や地域の知的資産の眺め方」についての講義がありました。

後半の、事例発表では、大槻美菜は、国内唯一のバルブポジショナ専門メーカーである株式会社スリーエス様の強み・知的資産の紹介を行い、荒巻陽子は、業種の異なる2社の知的資産経営導入支援の比較を発表しました。

 

最後の、パネルディスカッションでは、「明日を拓く知的資産の活用と行政書士の役割」と題し、モデレーターの中森教授と、大槻や荒巻を含む4人の行政書士に加え、支援先の社長2名を加えた7名が登壇して有意義なディスカッションが行われ、イベントは終了いたしました。

このイベントで、知的資産経営の認知度を高めることができていたら、嬉しく思います。



「知的資産経営WEEK 2012シンポジウム in 東京」
〜 企業の強みを再発見!知的資産活用で企業、地域が変わる 〜

■日時 平成25年2月18日(月)13:15~16:40
■場所 渋谷区文化総合センター大和田「伝承ホール」(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加者 約200名(中小企業事業者、中小企業支援機関、行政書士等)
■主催 日本行政書士会連合会/東京都行政書士会(共催)

■プログラム    

13:15 開会
主催者挨拶 日本行政書士会連合会会長 北山 孝次
来賓挨拶 経済産業省経済産業政策局知的財産政策室室長 石塚 康志 氏

13:30 基調講演「中小企業や地域の知的資産の眺め方」
中森 孝文 教授(龍谷大学)

14:10 事例発表
①中小企業が「ニッチトップ」で勝ち抜くための知的資産経営 行政書士 大槻 美菜
②~行政書士だから見える会社の強み~「宝」を磨いてこそ! 人も技術も輝く会社に 行政書士 髙谷 桂子
③織りなす絆 ~知的資産に着目した、地域資源の価値創造~ 行政書士 中山 一郎
④最適なスケジュールと適切なアドバイスで企業の強みを活かす!「行政書士だからできる」知的資産経営支援 行政書士 荒巻 陽子

15:40 パネルディスカッション「明日を拓く知的資産の活用と行政書士の役割」
■モデレーター 中森 孝文 教授(龍谷大学)
■パネリスト
吉田 秀樹 氏(株式会社スリーエス代表取締役)ほか
行政書士 大槻 美菜
行政書士 髙谷 桂子
行政書士 中山 一郎
行政書士 荒巻 陽子

16:35 閉会挨拶 東京都行政書士会会長 中西 豊