知的資産経営Q&A

[基本的な内容のQ&A]

◆Q1
「知的資産」とは、なんですか?

Q2
「知的資産」には、どのようなものがあるのですか?

Q3
「知的資産」と「知的財産」はどう違うのですか?

Q4
「知的資産経営」とは、なんですか?

Q5
「知的資産経営」の導入の流れは、どのようになっていますか?

 

[知的資産経営報告書についてのQ&A

◆Q6
「知的資産経営報告書」とは、どのようなものですか?

Q7
「知的資産経営報告書」を、作るメリットはなんですか?

 

[知的資産経営の導入メリットのQ&A

◆Q8
「知的資産経営」と「事業承継」は、どう関係があるのですか?

Q9
「知的資産経営報告書」と「決算書」は、どう関係があるのですか?

 

[知的資産の分析方法についてのQ&A

◆Q10
「知的資産の3分類」とは、なんですか?

Q11
「人的資産」には、どのようなものがありますか?

Q12
「構造資産」には、どのようなものがありますか?

Q13
「関係資産」には、どのようなものがありますか?

Q14
「セグメント分析」とは、どのようなものですか?

 

[知的資産経営に関する用語のQ&A

◆Q15
「SWOT分析」とは、なんですか?

◆Q16
内部環境の「強み」や「弱み」とは、なんですか?

◆Q17
外部環境の「機会」や「脅威」とは、なんですか?

◆Q18
「クロスSWOT分析」とは、なんですか?

◆Q19
「KGI」とは、なんですか?

◆Q20
「KPI」とは、なんですか?

◆Q21
「KPI」には、どのようなものがありますか?

◆Q22
「バリューチェーン」とは、なんですか?

◆Q23
「VRIO分析」とは、なんですか?

◆Q24
「5フォース分析」とは、なんですか?

◆Q25
「ビジョン」とは、なんですか?

 

[多くの社長さまからのよくあるQ&A

◆Q26
うち(どんな会社)にも、知的資産はあるのでしょうか?

◆Q27
起業したての会社やベンチャー企業にも、知的資産はありますか?

◆Q28
どうやったら、知的資産を発見できますか?

◆Q29
知的資産経営を、導入するメリットはなんですか?

◆Q30
知的資産経営を、導入する上での留意点はなんですか?

 

どうやったら、知的資産を発見できますか?


Q

どうやったら、知的資産を発見できますか?

 

 

 

A

強みを見つける主な方法には、さまざまなものがありますが、主なものには、以下のようなものがあります。

 ●歴史やデータなどを観察する
 ●社長自身や経営陣で考える
 ●従業員を交えたグループ討議を行う
 ●第三者によるヒアリングを受ける

社長さん自身や経営陣によって強みを考える方法は、紙に思いつくままに書き出してみるというのもひとつの手ですし、定例会議では既にそのような話し合いも行われているかもしれません。

また、従業員を交えたグループ討議は、従業員の方だけで行う方法もあれば、役員と従業員とが一緒に行う方法もあります。


けれども、どこかで一度、「第三者によるヒアリング」を検討しているのも良いと思います。

外から見ればとても特徴的であるのに、当事者である社長さんにとっては当たり前で、強みだとは気づいていない、ということもよくあります。

また、視点が変わることで、強みだと思っていたことが実は弱みであることに気づけたり、弱みだと思っていたことが逆に強みにもなりうる存在であることが分かったり、さまざまな角度から企業の状態を把握することができます。

さらに、●歴史やデータなどを観察する、●社長自身や経営陣で考える、●従業員を交えたグループ討議を行う、の全てにおいても、ファシリテーターとして第三者の力を借りることで、新たな発見がうまれることでしょう。

このように、知的資産の発見には、外部による新たな視点が非常に有効なのです。