知的資産経営Q&A

[基本的な内容のQ&A]

◆Q1
「知的資産」とは、なんですか?

Q2
「知的資産」には、どのようなものがあるのですか?

Q3
「知的資産」と「知的財産」はどう違うのですか?

Q4
「知的資産経営」とは、なんですか?

Q5
「知的資産経営」の導入の流れは、どのようになっていますか?

 

[知的資産経営報告書についてのQ&A

◆Q6
「知的資産経営報告書」とは、どのようなものですか?

Q7
「知的資産経営報告書」を、作るメリットはなんですか?

 

[知的資産経営の導入メリットのQ&A

◆Q8
「知的資産経営」と「事業承継」は、どう関係があるのですか?

Q9
「知的資産経営報告書」と「決算書」は、どう関係があるのですか?

 

[知的資産の分析方法についてのQ&A

◆Q10
「知的資産の3分類」とは、なんですか?

Q11
「人的資産」には、どのようなものがありますか?

Q12
「構造資産」には、どのようなものがありますか?

Q13
「関係資産」には、どのようなものがありますか?

Q14
「セグメント分析」とは、どのようなものですか?

 

[知的資産経営に関する用語のQ&A

◆Q15
「SWOT分析」とは、なんですか?

◆Q16
内部環境の「強み」や「弱み」とは、なんですか?

◆Q17
外部環境の「機会」や「脅威」とは、なんですか?

◆Q18
「クロスSWOT分析」とは、なんですか?

◆Q19
「KGI」とは、なんですか?

◆Q20
「KPI」とは、なんですか?

◆Q21
「KPI」には、どのようなものがありますか?

◆Q22
「バリューチェーン」とは、なんですか?

◆Q23
「VRIO分析」とは、なんですか?

◆Q24
「5フォース分析」とは、なんですか?

◆Q25
「ビジョン」とは、なんですか?

 

[多くの社長さまからのよくあるQ&A

◆Q26
うち(どんな会社)にも、知的資産はあるのでしょうか?

◆Q27
起業したての会社やベンチャー企業にも、知的資産はありますか?

◆Q28
どうやったら、知的資産を発見できますか?

◆Q29
知的資産経営を、導入するメリットはなんですか?

◆Q30
知的資産経営を、導入する上での留意点はなんですか?

 

知的資産経営を、導入するメリットはなんですか?


Q

知的資産経営を、導入するメリットはなんですか?

 

 

 

A

知的資産経営とは、目に見えにくい強みや非財務情報に着目し、それらを「見える化」して、意識的に「活用」、「育成」しながら経営活動を行うことです。

また、知的資産経営導入の一環として、知的資産経営報告書をまとめて開示することで、社内および社外のステークホルダーに対して自社の魅力を説明したりPRしたりすることができます。

例えば以下のようなメリットが考えられます。

 

●経営改善対策

自社の強みを整理し、育成すべき要素にきちんと経営資源を投入して育成していくことで、競争力の強化が行えます。

また、自社の製品やサービス、企業組織のどのような強みがあるかを説明することで、新規顧客開拓の営業ツールとしても使えます。

さらに、知的資産を従業員も一緒に洗い出しを行うことで、従業員自身が自社の強みを再認識し、モチベーションアップや組織の結束力の向上にもつながるのです。

 

●事業承継対策

事業承継では、目に見えるヒト・モノ・カネといった経営資源を承継することも重要ですが、本当に重要なのは、目に見えない知的資産の承継なのです。後継者が中心となって知的資産経営の導入に取り組むことで、自社についての理解を深め、円滑な事業承継が実現します。

 

●金融機関対策

知的資産経営報告書を説明ツールとして活用することで、決算書では説明しきれない、自社の魅力や可能性を伝えることができます。